本気でキャッシング申込を考える

給料日までのピンチをキャッシングで乗り越えることにしました!

キャッシングの即日融資について

キャッシングできる自動契約機のある場所ガイド

キャッシングは他の借入方法よりも短期間で融資を受けられるというところに特徴があります。
そのため日々の生活の中ですぐにお金が必要であるという時は多くの人がこの方法でお金の借入をすることになります。

そして現在消費者金融ではほとんどの業者が申込をしたその日に融資をしてもらうことができる即日融資が可能となっています。
キャッシングを利用して借入をすればお金の不足をすぐに解決することができます。

そこで消費者金融を利用してのキャッシングの即日融資にはどのような方法があるのかというと基本的にはインターネットで申込をして融資金は指定された口座に振り込んでもらう方法で行います。

しかしこの方法で即日融資を受けるためには原則その日の午後14時までに手続きを完了させる必要があるからです。
なぜなら銀行の営業時間は15時までなので、口座への振込もこの時間までしかすることができないからです。

しかしここ最近では一定の条件を満たすとそれ以外の時間での振込も可能となるケースもあります。

また普段仕事をしている社会人は忙しいので平日の昼間の時間はとてもキャッシングの手続きをしている余裕がありません。
即日融資を受けるためには上記の方法以外にも自動契約機を利用する方法があり、社会人はこちらのほうがおすすめです。

なぜなら自動契約機を利用する方法であれば20時から21時くらいまで手続きが可能なので、仕事が終わってからでも十分間に合うからです。
 

銀行系のキャッシング利用について

kariru.jpg昔は借りやすいのが売りだった消費者金融、しかし最近では過払い金の請求が認められたり総量規制が設けら
たりでもはや以前の様な借りやすさはなく、審査する側も慎重にならざるを得ないと言うのが現状です。

ちなみに総量規制について簡単に説明すると、消費者金融への借り入れは年収の3割が上限、つまり年収が300万円に対し、消費者金融への借り入れの上限は100万円、と言う事になります。つまりその金額を越えた金額の借り入れはできなくなり、それは毎月遅れずに返済していたとしても同じです。

しかし総量規制をオーバーしたらもうキャッシングができなくなると言うわけではありません、総量規制と言うものは消費者金融に対して課せられるものであり、消費者金融以外のキャッシングに対してはその対象外、と言う訳になります。

では消費者金融以外の場所でのキャッシングとは、つまり銀行です、銀行のキャッシングは総量規制の対象外と言うだけでなく、消費者金融の場合必要となる収入証明も融資希望額によりますがそれも不要となる場合がほとんどです。

また金利についても、消費者金融となれば利息制限法ギリギリなのに対して銀行だとそれより割安な金利で融資を受けられる事が可能となります。
 

どうしても気になるキャッシングの審査

借り入れを申し込む側がどうしても気になるのが審査内容、だいたいは申込用紙に記入した内容、つまり氏名、職業、年収、他社からの借り入れ等が主な審査内容になるようですが、昔は何せ借りやすさが売り、信用情報に大きな問題がなければ融資は受けれたものと推測します。

でも最近ではその審査方法も大きく変わっている様です。例えば勤務先、例えばその職場に入社して間もない人がキャッシングの申し込みをした場合、最近ではそれでも審査に引っ掛かると言う事もよくある話の様です。

やはり借りたら返すのが原則、入社して間もない人ともなるとその人の素性がどんな人なのか、ひょっとしたら職を転々としてるひとなのかは貸し手側からは理解出来ません。そういったところが大きい様です。

最近では審査に落ちる人が珍しくなくなってる背景には、貸し手側も慎重になっている風潮があるようです。これは銀行、消費者金融関わらず昔と比べたら遥かに厳しい法律を守りながらやっていかなきゃ行けない事情もあり致し方ないことではあります。

ちょっと変わった話では銀行、クレジット等の実績がない人でも審査に落とすと言う事も増えている様です。信用情報をよくする上では過去の実績に良し悪しなんかも影響される様です。
 

キャッシングの利用限度額は増額できる!

キャッシングは借り入れを希望した金額を必ず貸してくれるというものではありません。
利用者自身の返済能力や、利用しようとしているキャッシング会社での利用実績に応じて、利用限度額というものが定められています。


では、その利用限度額は一度定められると、その上限を超える借り入れは絶対に出来ないのかと言うとそんなことはありません。

キャッシング会社でお金を借り入れる場合は、必ず返済をしなくてはなりません。その返済をきちんと行ったと言う実績があれば、キャッシング会社との信頼関係は深まります。


一般的には利用を開始してから半年というのが、利用限度額の増額時期の1つの目安となっています。ただし、これはあくまでも目安であり、会社によっては1年程度様子を見るところも少なくありません。

いずれにしても、利用限度額は利用当初に定められた金額ではなく、きちんとルールを守って利用しているかという判断によって、限度額はアップしてくれる可能性があるのです。

その際に1つ気をつけなくてはならないのは、消費者金融の場合は「総量規制」と呼ばれる法律があるということ。

年収の3分の1を超えるような借り入れは出来ないと法律で定められているため、限度額もどんなにアップしたとしても年収の3分の1を超えられないことは覚えておきましょう。